English


Secured Messaging Services With Business Applications

最新Web技術による国際物流のネットワーク基盤

弊社ではデカルトシステムズ株式会社(本社Waterloo, Ontario, Canada)が提供するサービス、『GLN (グローバル・ロジスティック・ネットワーク)』の販売をしています。このサービスは、国際物流事業を対象にSaaS (Software as a Service)に基づく最新Web技術を活用したサプライチェーン業務用の基盤としてご利用頂けるオンデマンド型サービスです。今回は、NVOCC事業に従事する皆様に関係の深い次の三つのサービスをご紹介いたします。


NVOCC事業に従事する皆様に関係の深い次の三つのサービスのご紹介です

1) Messaging Service メッセージング・サービス 
2) Multi-Modal Track and Trace (MMTT) 貨物追跡サービス 
3) Ocean AMS Service 米国向け海上貨物AMSサービス
 

NVOCC事業の業務では1件のB/L発行について様々な情報の伝達や交換が関係者の間で荷主を含めて行われます。一般的業務の流れは荷主の船積計画の入手、船舶スケジュール確認、本船ブッキング、船積の手配、B/L発行、揚地代理店等関係先への通知、貨物追跡と引渡しの確認などの業務があります。GLNではインターネットに基づく業務基盤を提供することで従来の情報伝達や交換の方法を新しくして、費用の節減や情報の使い易さ、業務の効率化を実現することができます。各サービスについて、以下簡単にご説明いたします。


1) Messaging Service メッセージング・サービス

共通の通信基盤により、顧客、NVOCC、取引先との間で必要な情報やデータを共有し、それを一元的に運用することで、誤りやデータの重複等をなくして効率的で安全な情報伝達と交換を実現します。このサービスでは、従量課金制のために業務量に応じた費用負担で済むことや通信ネットワークの管理者が不要となるのが特徴です。また、従来の電子メール、ファックスの使用に比べ、サービスセンターで共通ファイルを管理することで安全、確実な情報管理が実現します。利用者はパソコンから接続するだけで最新の業務状況を知ることができます。

--> PDF資料(一部内容を追加しています)

(1) 情報伝達−従来との比較

(従来の流れ−発信者はそれぞれ業務に対する相手に連絡、GLNの流れ−すべてGLN宛)

(2) 情報伝達−GLNネットワーク使用イメージ

(3) 情報伝達−利用イメージ(輸出業務) 

back-to-top


2) Track and Trace Service 貨物追跡サービス
船積した貨物の追跡(Track & Trace)に必要となる業務システムをご用意しています。船積後、当該貨物が予定通り揚地に到着したか、或いは通関を終了し受荷主に無事引渡が完了したかなど業務上で必要な追跡をすることができます。幾つかのメニューが用意されていますので業務内容、要件に従いサービスレベルを決めることができます。


3) Ocean AMS Service Import2000 米国向け海上貨物AMSサービス

 

このサービスは米国国土安全保障省税関・国境警備局(CBP)が海上貨物のテロ対策の柱とする輸入貨物の電子ファイリング規則(通称「24時間ルール」、2003年)への対応をするもので、GLNでは”Customs Filing & Compliance”サービスに含まれます。米国は輸入貨物に向けた追加の安全強化策として、輸入事業者を対象に新たにテロ対策規則(通称「10+2」)を法制化し、2009年には施行が予定されています。なお、当サービスは新しい規則、10+2対応も準備していますが、同規則では輸入事業者が主な対象のため、NVOCC事業者の役割や規則施行の時期など詳細は正式発表後に確認できることになります。ここでは米国CBPへのデータ提出などの流れをデカルト社が提供するSaaSサービス、Import2000、との関連で参考迄に下図に示します。

(1) 説明−ファイリング方法の選択

米国税関の24時間ルールへの対応、AMSファイリングは、下記の流れに従って行います。現在ファイリング手続の多くは、1)の船社経由により行われています。他方、NVOCC事業者がAMS(税関)と直接に接続処理をする事例は大変に限られています。2009年には「10+2」規則の施行が予想され、米国税関への申請は電子データが基本になりますので、これを機会に当サービス利用をご検討下さい。

(2) 説明−実際のデータの流れ

AMSファイリングには、3つの選択肢がありますが、データの流れは下図にようになります。なお、船社経由とした場合には、営業等を含めてデータのConfidentialityは保証されないことが指摘できます。 

(3) 説明 −システム構成
弊社サービスをご利用になった場合のシステムの流れは下図のようになります。Import2000システムは、24時間/365日サービスで安全なGLNネットワークを通じて処理が行われます。 

 



オーシャンコマース社
- - - - - - - - - -

Import2000
- - - - - - - - - -
 

 



Last Update 12/01/13