English

 米国向け輸出貨物セキュリティの情報箱−2012年

注記: 当欄の情報及び記載内容は、弊社理解に基づくものであり、これら内容により
生ずる損害・障害等には弊社は一切責任を負うものではないことを予めご了承下さい

  最近の話題(日付順)

米国CBPの動き、ISF & AMS 24時間ルール施行等の最新ニュース
CBP ISF (10+2) 最新の施行状況−特設欄 

1/3/2011

 米国 American Shipper誌−ISF導入後1年の状況...概ね順調だが問題指摘も残る

9/14/2010

 米国 CBP−ISFの追加措置コード(Disposition Code)−2010年9月15日発効 

8/4/2010

 米国 CBP−諮問委員会(COAC)がISF対応優良輸入者への通関上の恩典を勧告 

3/17/2010

 米国 CBP−Importer Security Filing (10+2)の施行後の最新状況を発表

1/20/2010

 米国 CBP−AAEI(米国輸出輸入協会)に対して『ISF施行方針 ISF Enforcement Strategy』を通達

1/7/2010

 米国 CBP ISF(10+2)−米国の輸入業界関係者がNVOのAutomatingに言及、NVO事業者間の競争を指摘

12/12/2009

 米国 CBP-10+2 運用開始についての注意事項を発表、2010年1月26日に向けて最終手続に入る

12/10/2009
 米国 CBP−Trade Symposium 2009 in Washington D.C. で"ISF(10+2) Progress Update"を発表 
11/18/2009

 米国 日本機械輸出組合−米国 CBP高官 Mr. De Nucci による ISFセミナーを実施

07/17/2009
 米国 CBP−ISF規則に関する罰則規定(Penalty)と軽減措置(Mitigation)のガイドラインを発表 

  参考資料(弊社作成を含む) 米国・EU・中国等の海上貨物セキュリティの公開資料や弊社作成の資料
 

 公式資料、日本における対応などについての関連資料の掲載

  リンク索引−関連情報 米国CBP、EU関係当局、業界団体などの情報 URLアドレス一覧表
   当事国や関連機関、海上貨物に関する業界関係者等に関する情報について
(参考-過去のニュース) 
 
 CBPや関連団体の動きなど暫定施行に至るまでの過去ニュース欄


AMS未導入のNVO事業者の皆様へ−アンケート調査

ISF(10+2)施行に伴い、 『AMS』の導入をご検討下さ


最近の話題、CBPの動き   

月 日
情報ソース
主な内容


1/3/2011


American Shipper
Date Posted: 1/3/2011 10:02:32 AM

One year later, ISF has unfinished business

Contrary to industry expectations, U.S. importers have experienced relatively little hardship since the U.S. government began requiring importers to transmit 10 data elements in advance of vessel loading for security screening purposes. The smooth implementation so far is a byproduct of extensive outreach by U.S. Customs and collaboration with international shippers in the years leading up to the Jan. 26, 2010 enforcement date, which was preceded by a one-year dry run to help both sides familiarize themselves with a new system............(Am Shipper-Click here)

(From the beginning of artticle written by Eric Kulisch)


同誌では、ISF(10+2)がされてから約1年が経過した状況について、CBP及びCOAC等の現場に近い関係者からの情報に基づき現状を詳しく報告している。同規則の施行前には貿易関係者から多くの問題点が指摘され、特に円滑な貿易慣行を阻害する、幾多の懸念が表明され、延長を含む意見も出されていたが、実施からほぼ1年後の現在の運用は危惧された問題は生じていないと指摘している。

主な内容:

1) 申告件数(1月26日〜11月上旬): 7.7百万件
2) 期限内申告率: 90%
3) 申告内容不備による却下: 2.5%

4) 要約

・ 全体としては予想外に順調に運用された。その理由としては、CBPが施行までに長い時間を掛けて関係者に説明、Outreach Program、をしたことが大きい

・ 上記数字が示す通り、輸入関係者の対応は良好であるが、一方では潜在的な問題、特に罰則規則に関わる課題を指摘する者も多い。

・ CBPは2010年第四半期までファイリングの誤り等について罰金課徴をしないとしてきたが実際的には不適格な貨物、Non-Compliant container、は輸入者負担で「放射線スキャン」を行い、当該貨物を一時的に保留する方法を採用している。これが結果的に規則上の罰金(1件5千ドル)課徴とは異なる方法で安全確保と罰則を採用した格好となっている。

・ COAC関係者の大きな関心事としてはCBPが過去6年間に亘り違反実績を罰金対象とすることを問題視している。一方でCBPとしては本来的な規則遵守を必ずしも十分に心掛けない者に対する必要措置であるとしている。

 (要旨:弊社編集部) 

back-to-top



9/14/2010



CBP−ISFの新たな対応措置コードを発表

2010年9月15日より発効

2010年10月1日よりの"FULL ENFORCEMENT MODE"に備えた

関連の対応措置を示す新たなコードが正式に9月15日より適用される

これらは『AMS』と連動するものでCBPの処理結果として表示される



CSMS #10-000215

Title: Implementation of New Disposition Codes related to Importer Security Filing
Date: 9/10/2010 8:44:33 AM
To: Ocean Manifest
Related: 10-000169, 10-000194

On July 16, 2010, CSMS #10-000169 was issued discussing the implementation of new disposition codes in AMS related to the Importer Security Filing program. On August 17, 2010, CSMS #10-000194 was issued correcting some of those codes, which are listed below. The changes described in these CSMS messages will become effective on Wednesday, September 15, 2010.

List of New ISF Disposition Codes

(ISF Disposition Code / Description)

2O ISF Hold for no ISF on file

2P ISF Hold for ISF Compliance Issue

2Q Do Not Load ? No ISF on file

2R Do Not Load ? ISF Compliance Issue

4O ISF Hold Removed for no ISF on file

4P ISF Hold Removed for ISF Compliance Issue

4Q Do Not Load Removed for no ISF on file

4R Do Not Load Removed for ISF Compliance Issue

If you have questions or comments, please contact your assigned Client Representative



(Source: CBP Website)



8/4/2010



CBPの貿易関係運用に関する諮問委員会(COAC)が8月4日にデトロイトで開催され
ISF (10+2ルール)を忠実に遵守する輸入者に対する通関上の恩典供与を勧告

ADVISORY COMMITTEE ON COMMERCIAL OPERATIONS
OF CUSTOMS AND BORDER PROTECTION


CBPの貿易関係運用に関する諮問委員会(COAC)が8月4日にデトロイトで開催されISF (10+2ルール)を忠実に遵守する輸入者に対する通関上の恩典供与を勧告した。

1.C-TPAT 認定登録者で、ISFを忠実に遵守している優良輸入者は、Tier-3認定登録者への昇格を考慮すべきである。

2.階層化した検査をCBPが実施する場合、1件のB/L(船荷証券)で複数の船積みが行われた場合に於いては、C-TPAT認定登録者のコンテナについては、総ての船積みを無検査で通関させるべきである。

3.C-TPAT認定登録者については、一件の通関申告で、複数B/Lのコンテナ貨物の通関が出来るオプションを与えるべきである。それらについても、上記2同様、無検査で通関させるべきである。但しこの特典は、(問題が見いだされ)実査対象となったコンテナをスタッフィング(貨物の積み込)した業者によってスタッフィングされたコンテナには適用しない事として、CBP当局の懸念に対応する。

4.ISFを忠実に遵守している中小の優良輸入者に対しては、C-TPATの認定申請において一貫して整合性のある取り扱いをすべきである。

5.統一ISF申告(ISF申告を行う輸入者と輸入申告者が同一)の場合、本船(積港)出港時において、条件付きで荷渡し許可を発行すべきである。

6.ISFを忠実に遵守している輸入業者に対しては、ISFに係わるものとは別の通関手続に係わ る罰則適用の免除を考慮すべきである。

7.ISFを連続的に忠実に遵守している優良輸入者に対しては、例えば千回に1回位の低頻度の問題発生時において、当局は当該問題に対する罰則適用に際しては猶予を考慮すべきである。

委員会はまた、ISFを忠実に遵守している優良輸入者がISFによって受けた副次的な効果として、下記を挙げた:

・優良輸入者は、彼らの国際サプライチェーン管理上有益な、貨物状況の可視化のための情報をISF申告手続の過程で入手する様になった。

・通常の船積みとは異なるケースを(ISFの一連に手続中で)早期に検知し本船入港以前に遅延の可能性の問題を特定し処置する時間的猶予を 持つ事が出来る様になった。

・輸入者が早期にデータを提供しようとする事により、最終仕向地到着遅延が減少した。

・企業の購買・調達に関わるビジネスプロセスの前段階に、法令遵守チームを組み込む事が必要になった。

・(10+2ルールは結果的に)輸入者が本制度以前には接触する事の無かった関係者と関わりを持つ様になり、貨物に関わるデータの入手可能性と正確性を改善した。

(引用: 邦文−JASTPROからの情報 2010年8月10日)

(Original COAC Statement)

CBP Urged to Provide Benefits for ISF Highly Compliant Importers

The Import Security Filing Subcommittee of the Advisory Committee on Commercial Operations of U.S. Customs and Border Protection (COAC) recommended at the Aug. 4 COAC meeting in Detroit that CBP provide the following benefits to importers that are highly compliant with ISF requirements.

* For importers who are certified Customs-Trade Partnership Against
Terrorism members, high compliance with ISF requirements should be deemed a best practice and considered with respect to elevating the importer’s C-TPAT status to the Tier 3 level.

* In cases where stratified compliance exams are undertaken by CBP (where multiple shipments are under one bill of lading) and the importer is a C-TPAT member, CBP should allow sealed containers not being examined to not only move to destination but to be released by CBP.

* CBP should also consider the option of releasing for distribution other bills of lading on the same entry (where the importer is a C-TPAT member). As with the above recommendation, the released containers in question would be those not designated for exam. To address potential CBP concerns, this benefit would not include containers stuffed by the same party that stuffed the container(s) designated for exam.

* For small and medium-size importers that are highly compliant, CBP should consider a streamlined process for application to C-TPAT.

* In the case of unified ISF filings, conditional release in the system at time of vessel departure should be provided.

* Consideration of mitigation for other penalties (outside those associated with ISF compliance) should be given for highly compliant importers.

* For continuous, highly compliant importers, there may be a situation where CBP identifies a problem that is very low frequency (e.g., one out of a thousand). CBP should take this into consideration with respect to penalties.

The subcommittee also included information on the collateral benefits of ISF that have been identified by highly compliant importers. One such benefit is that importers have better visibility into their global supply chains since they now have a CBP process at origin. Companies can identify non-standard shipments earlier in the process, allowing them more time to address the issue prior to arrival and potential delay. In addition, because importers provide data earlier, there are fewer delays at destination. Working through the ISF requirements has also highlighted that import compliance teams need to be folded into the procurement process earlier. Finally, importers have become more engaged with parties not typically communicated with in the past, which provides more visibility and mprovement in data availability and accuracy.




3/10/2010





The ISF Progress Reports focus on the numbers and types of filings; the status of the filings (e.g., accepted vs. rejected) and the potential timeliness of the filings,

Each ISF Report is broken down by Filer Code and Importer of Record Number and details three (3) specific areas:

Submission Volume

Numbers, Status (Accepted or Rejected) and Format

Rejection Error Messages

Reasons for the rejections Error codes

Timeliness Performance

As compared to the first bill of lading file date (merely used as a proxy indicator of potential timeliness) Amendment and rejected filings are not included:
........... CBP 原文 

(CBP Phase-In 基本方針)

   『段階的 "Graduated"な施行』

▼ Filing徹底期間 2010年1月〜4月
▼ 違反貨物への措置を開始 5月
▼ 罰金の適用開始 7月〜9月
▼ 完全施行開始 10月〜

  段階的運用後にISFを完全施行


 CBP−ISF (10+2)の最新施行状況を発表

■ 説明:

CBP(米国国土安全保障省税関・国境警備局)のセキュリティ対策の新しい規則、ISF(10+2)の正式施行は2010年1月26日予定通り開始された。同規則施行には「段階的導入」が採用されており、いまはCBPが規定した第一四半期(1月〜4月)のほぼ中間点にある。米国の輸入事業者を軸に業界関係者の対応がどうなるか、果たして適正な対応が行われるかには多くの関心が示されていた。同報告は1月26日から3月9日までの運用状況を最新報告として纏めている。同報告では特別な問題等の指摘はないが気になる問題点、Top ISF Issues Identified、として下記4項目を指摘している。

Top ISF Issues Identified

1. Bill of Lading Numbers
 ..Non-Auto NVOCCの
問題と対策 
2. Measurement of ISF “Timeliness”
3. Enforcercementt & Liqudated Damages Concern
4. Bonds

■ 参考:2010年4月(第一四半期) ファイリング徹底期間

CBPの作成したプレゼン資料には業界関係者への積極的な啓蒙活動、周知徹底を正式施行後も継続努力していることが特徴的であり、その中には以下の記載や関係者への分かり易い図表なども含まれている。

Since the publication of the Interim Final Rule, CBP has implemented an extensive trade outreach process which included numerous trade round table discussions, the issuance of monthly progress reports, publishing technical guidelines as well as FAQs documentation on the CBP web site.

CBP has participated several 20 webinars, meetings, conferences, and other outreach activities sponsored by the trade since the publication of the interim final rule. CBP has met with numerous trade organizations including:

Overall, CBP reached well over 20,000 participants at these outreach activities

(要旨:弊社編集部)

back-to-top


 
NVOCC事業者(船社宛書類提出)の皆様へ

AMS未使用(Non-Auto Filer)ISF(10+2)
(B/L番号から生じる問題と対策)
 
NVOCC - AMS Filing
NVOCC - Non AMS Filing
Master B/L
船社 B/L番号
船社 B/L番号
House B/L
NVOCC 自社 B/L番号
船社 House B/L番号
ISFでの処理

輸入者−ISFで使用のHouse B/Lは
NVOCC B/L番号をそのまま使用

輸入者−ISFで使用のHouse B/Lは
船社 House B/L番号を使用
問題点
特になし
B/L番号での不一致が起きる可能性
対策
特になし
AMS Filingが必要

注-1: 弊社は、(株)オーシャンコマース(デカルト社日本代理店)のAMS対応サービスを支援協力しています
注-2: AMSとISFに関するデカルト社サービスについて、詳しくは(株)オーシャンコマースにお問い合わせ下さい
注-3: Non-Auto NVOCC−ISF施行とAMSの課題.....弊社記事 JIFFA News第162号 2009年9月



1/20/2010


(The American Association of
Exporters and Importers)


January 20, 2010


U.S. Customs and Border Protection (CBP) has contacted AAEI to convey its Enforcement Strategy for the Importer Security Filing when the “enforced compliance” period begins on January 26, 2010. CBP intends to roll out a “graduated” enforcement over the next four quarters of 2010:

........... AAEI 原文 


(まとめ)

   『段階的 "Graduated"な施行』

▼ Filing徹底期間 2010年1月〜4月
▼ 違反貨物への措置を開始 5月
▼ 損害賠償金の適用開始 7月〜9月
▼ 完全施行開始 10月〜

  段階的運用後にISFを完全施行


  CBP−AAEI(米国輸出輸入協会)に対して
『ISF施行方針 ISF Enforcement Strategy』を通達

 ■ 説明:
米国輸出輸入協会(AAEI)によると、ISF(10+2)の正式施行日1月26日を間近に控えてCBPから同協会に対してその運用方針に関する連絡があった。つまり、2010年を4四半期に分け、『段階的 Graduatedな施行運用』を行うとのことである。

 ■ 内容:

第1四半期 2010年1月26日−4月 (Filing徹底期間)
CBPの輸入事業者に対してISF Filingの履行を最重点にする。具体的にはFiling不履行者への通告及び不完全なFiling履行者には必要な是正策を求める。但し、この期間は損害賠償金やDNL(積込禁止)の措置は行わないが安全保障上の問題があれば必要な対策を何時でも取ることができる。No Filing貨物は検査の対象となる。これら警告の通知はFilerを通じて輸入事業者に連絡される。

第2四半期 2010年5月 (違反貨物への具体化措置を開始)
CBPは違反貨物に対して「保留Hold」措置の適用を始めると同時に新たな対策、検査の強化等、を行う。但し、この時点でも罰金やDNL(積込禁止)の措置は採らない。

第3四半期乃至第4四半期 (罰金−損害賠償金の適用開始)
CBPは損害賠償金の適用開始を行う。現在Filingの80%が金曜日に行われるとの報告があり、CBPではこうしたFiling集中について平準化がどうなるかを注視したいとしている。

第4四半期 (完全施行)
この段階から完全施行に入る。これには高いリスクの特定貨物にはDNL(積込禁止)の措置が採られる。

(損害賠償金について)
輸入事業者は従来同様の権利、Petition/Mitigation、を行使できる。現時点ではすべての損害賠償金評価は本部で自動処理により行われている。損害賠償金が適正と判断されると港宛に通知が行われ、各港が損害賠償金請求処理に入り、輸入事業者はCBP本部ではなく各港と必要な手続を行う。

(要旨:弊社編集部)

back-to-top



1/7/2010


(CIB Daily Maritime Bulletin)


New Importer Security Filing Regs.
(‘10+2') to Begin January 26 
- NVOs Automating
Jan 7, 2010 - 6:13:47 AM


 


CBP ISF(10+2)−米国の輸入業界関係者が
NVOのAutomatingに言及、NVO事業者間の競争を指摘

 ■ 説明:

  海上貨物輸送に関する米国情報筋の『CIB - Congressional Information Bureau)』によると、2010年1月26日正式施行に伴い、AMS導入をしていないNVO事業者(Non-Auto Filer)は結果的に非常に不利になると指摘している。具体的には、ISFのシステムチェックに際し、「B/L番号の不一致」の問題が多々生じるため輸入事業者は「Non-Auto FilerのNVOCCを使用しなくなる」としている。日本のNVO関係者の多くはこれまではISF(10+2)があくまでも米国輸入者の問題であり、輸出国側の情報提供に協力すれば良いとしてきた。しかしながら、CBPが物流(AMS)と商流(ISF)のデータの確認を電子化(Automated)により行うため、こうしたNon-AutoのNVO事業者(即ち、船社経由での従来からの書類処理)はAuto-Filingを行う他社に対して競争上では対抗できないことになる可能性がある。

 ■ 主な内容:

1.2009年1月26日−ISF義務化に当り、Non-Auto NVOは
  従来の船社経由AMS手順を変更する必要性がある  
2.暫定期間中の「B/L番号不一致」は今後問題となる
3.荷主の対応−混乱回避にはNon-Auto不使用を選択
4.Mr. Koch WSC(船主団体)会長−ISF規則の問題よりも
  可及的速やかにAuto-Filing業者を使用すべき
5.Non-Autoが顕在化−NVOのAMS対応の差が明らかに
6.解決策−技術的にも費用面からも問題は容易に解決

(要旨:弊社編集部)

back-to-top



12/12/2009


On December 12, 2009, CBP added a warning message response to any ISF filing that is filed using one of the flexibility options. The ISF will receive the error message 'COMPLETE TRANSACTION REQUIRED' and it will be accepted with warnings. CBP has the expectation that a filer will follow-up with a complete ISF after they have filed the original ISF using one of the flexibilities. If all of the data submitted in the original ISF is complete and accurate,
........... CBP原文 


 CBP-10+2 運用開始についての注意事項を発表、
2010年1月26日に向けて最終手続に入る

■ 説明:
  CBPは2010年1月26日の正式施行に向けての最終手続に入ったことを示す業界関係者(ABIを使用する輸入事業者、AMSを使用する輸送事業者)に向けた『注意書 Warning Message』を同サイトで公表した。これは本年1月26日から実施されてきた所謂「暫定期間」とは異なり、「Structural Review終了まで」との条件付きではあるが、Enforcement 同法律、10+2の遵守に向けた最終的な準備でもある。日本国内の関係者、特にNon-AMSのNVOCC事業者では同法律が馴染みがないとも言われるが、来年1月26日以降は米国での貨物引渡し等を含めて何らかの問題が生じないかを予め注意しておく必要がある。何れにしても、原文を参照頂き、当局のWarningに込めた意図を一読下さい。


 ■ 主な内容:

1.2009年1月26日よりISFは義務化、暫定運用期間は
  来年1月25日で期限切れ

2.暫定用期間中に検出された「B/L番号不一致」への
  十分な注意、警告

3.2010年1月26日からのBond預託金に関する注意事項

4.Unified ABI文書(電文)がISF申告トランザクションから削除


(要旨:弊社編集部)  

back-to-top



12/10/2009


米国国土安全保障省
税関・国境警備局
(CBP)



テーマ: ”10+2“プロジェクトの進捗


CBPのシンポジュームの資料




However, CBP may also withhold the release or transfer of the cargo until CBP receives the required information and has had the opportunity to review the documentation and conduct any necessary examination. (from Slide-8)


 CBP−Trade Symposium 2009 in Washington D.C.
"ISF(10+2) Progress Update"を発表 

 ■ 説明:
  CBPは2009年12月8日-10日にワシントンDCで行われたCBP主催のトレードシンポジュウムの最終日12月10日に来年、2010年1月26日から正式施行が実施される「ISF(10+2)」に関する最新現況の説明を行った。詳しくは同セミナーで発表されたCBP資料(PDF) を参照下さい。

 ■ 主な内容:

 
1) 暫定期間の実績と正式発効(2010年1月26日)
  (1)  Compliance Dateは確定。但し、構造的な見直し完了
      Structured Review、までは暫定期間の運用を継続

  (2) 2009年1月26日〜12月6日の実績
     3.65百万件、1,950 Filer、10.3万 Importer、6,475隻
  (3) CBP説明会の実施
     50以上を各地で開催、参加者総数は1万人
  
 2) 見直し完了までの軽減措置に関わる事項
  (1) 供託金がない場合のFiling不備への罰金は課徴されない
  (2) 但し、CBPが不十分な情報しか無い時は貨物引渡しを
      しない、所謂「ISF JAIL」を行うことがある
  (3) C-TPAT Tier3/2の申告者は追加軽減措置がある
  (4) CBPへの不協力、妨害などには厳しい措置が取られる

 3) 特に重要な事項
  (1) B/L番号の一致(AMSデータ)
  (2) 本船出帆の24時間前提出規則の厳守

 ■ 関連資料の一覧 ISF Index - All Issues

Copy of the Interim Final Rule
ISF Presentation
Copy of the Regulatory Assessment
General Frequently Asked Questions (FAQs) Document
Implementation Guides (Technical File Formats)
Mitigation Guidelines
News Releases
Outreach Schedule

(要旨:弊社編集部)  

back-to-top



11/18/2009


日本機械輸出組合
2009年11月18日(東京)

「米国10+2ルール セミナー」開催
(同組合員限定)

テーマ: ”10+2ルール“の概要


(右上 Mr. Richard De Nucci)


■講師: 
 米国国土安全保障省税関国境取締局(CBP)
 リチャード・ディヌーチ氏
  Director, Secure Freight Initiative Office of Field Operation

■主な内容:


  日本機械輸出組合は、11月18日に来年1月26日から正式施行される「ISF 10+2」について同組合員対象にセミナーを実施、100社以上の参加者があり、関係者の関心の高さを示すことになった。講師は同プログラムの責任者であり、米国内外で多くの講演等を行っている米国国土安全保障省税関国境警備局(CBP)リチャード・ディヌーチディレクターが最新の状況等について講演した。講演では同プログラムの進捗を示す最新データの紹介もあり、同ルールへの対応状況を説明、申告率は全米輸入者の90%近くとの説明もあった。また、これまでの実績では正確な申告が95%を超えるなど全体としてはFiling状況が改善していると述べ、完全実施日に向けて順調であるとの認識を示している。ISF規則の施行では関心の高い罰則規定への言及もあり、初回の違反については1,000ドルから2,000ドル、2回目の違反について2,500ドルという数字を示した。但し、これらは単なるGuidanceであり、案件毎に総合判断するとしている。基本的には、「罰則を科すのがCBPの任務ではない。従い、軽微な違反にまで罰則を課すことはないだろう」との話もあった。なお、「船積み24時間前」の提出期限では多くの関係者から正確な船積み時間を確定しづらいとの指摘がされてきたが、こうした状況に理解を示して、新たな運用として「船舶の出港日時の24時間」データをシステムとして処理することで提出期限順守の判断材料とすることも検討している旨の説明もあった。
(文責:弊社編集部) 

back-to-top



7/17/2009


米国国土安全保障省
税関・国境警備局

CBP General Notice (P. 29-41)


 ■ 説明:
 
CBPは7月17日付の官報(Bulletin)でISF規則 「10+2」に関する罰則規定と軽減措置についての『ガイドライン』を発表した。このガイドラインは2009年7月17日から有効となっている。この中で特にDNL(Do Not Load)に関してこれまでにない明確な説明、Most definitive statement to date、をしていることが特徴である。詳細はCBPGeneral Notice(英文)、または日本機械輸出組合資料(邦文)を参照下さい。

 ■ 主な内容

 1) 罰則の対象となるもの
  (1)  ファイリング不履行:
  DNL指示、揚荷禁止、貨物差し押さえ、及び損害賠償の請求
  (2) 不完全な申請:
  罰金$5,000(1件)。但し、輸入者の管理を超える場合は軽減
  (3) 提出の遅延:
  罰金$5,000(1件)。但し、暫定期間の対応により軽減を考慮
  (4) ファイル取り下げ不履行:
  罰金$5,000(1件)。契約解消やルート変更等基本事項について

 2) 軽減措置が考慮されるもの
  (1) 暫定期間におけるファイル履行の実績
  (2) 申告する貨物数に対して違反数が少ないこと
  (3) C-TPAT Tier3/2の申告者は最高50%の軽減
  (4) 将来の違反を是正する措置が取られていること
  (5) ISF申告の輸入者が関与できない状況(本船ルート変更等)
  (6) 当初の不正確情報を有効な申告時点で正確とできるもの

 ■ 関連する掲載記事へのリンク
  (1) American Shipper (英文)
  (2) 日本機会輸出組合

(要旨:弊社編集部)  

back-to-top



6/17/2009


米国国土安全保障省
税関・国境警備局
(CBP Website)
ISF 「10+2」ルールに関する
提出パブリックコメント

 米国政府公式サイト

CBPサイト ISF 関連法規番号
 (Docket ID)

 USCBP-2007-0077
 
上記IDを該当欄に入力



■説明: CBPではISF規則 「10+2」に対して提出されたパブリックコメント(2009年6月1日締切)を米国政府公式サイト(http://www.regulations.gov)に掲載しています。現在提出状況(6月1日)は約60件余りのコメントが提出されています。日本の関係者からのコメントも含まれます。
(Title: Importer Security Filing and Additional Carrier Requirements)

○ 日本の組織、団体(個別企業を除く)
 ...日本政府、ジェトロ・ロサンゼルス、日本自動車工業会、日本機械輸出組合
○ 海外の組織、団体
 ...欧州委員会(EU)、世界税関機構WCO)、全米輸出入者協会(AAEI)、 全米製造者協会(NAM)、全米ブローカーフォーワーダ協会(NCBFAA),

■主な内容: 下記は掲載されたコメント、要望の一部です。

1) パブリックコメント: 対象となる期間のさらなる延長
2) 正式施行日(2010年1月26日): 罰則措置の延長、何らかの柔軟な対応
3)  B/L番号ファイリン: 船積み24時間前のタイミング、定義の再検討
4)  C-TPAT関連: 認証済の団体組織に対する当該規則の免除
5)  Flexibileデータエレメント(4項目): 柔軟な適用を最終規則でも含める
6)  コストの大幅増: サプライチェーン全体で生ずる様々な費用増への理解
7) ABIへのアクセス拡大: 米国の安全対策からもCBP管轄範囲内にすること。
(要旨:弊社編集部)

back-to-top



5/14/2009


日本機械輸出組合

ISFについてのセミナーを実施

『米国サプライチェーン
セキュリティプログラム2009』


■講師: 米国大使館 国土安全保障省税関国境取締局(CBP)駐日代表 ロバート・トーメン氏、全米輸出入者協会(AAEI) General Counsel マリアン ローデン氏、ピサニ&ロール法律事務所 弁護士 ロバート・ピサーニ氏

■主な内容: CBPの基本的取り組みやセキュリティについての考え方の説明と米国の当事者であるAAEIのユーザとしての問題点の指摘等が行われた。物流を対象としたAMSでは商流、売買契約の当事者など、が見えなかったため、本来のセキュリティ対策としては不十分との指摘もあり、今後はISFが有効対策としてAMSと連動して機能することが示された。また、貿易関係者が最も問題視するコンテナのフルスキャンの実施(2012年予定)に替わるものとして、ISFが効果的に働くことを期待することへの含みある発言もあった。何れにしても、実際的な問題を多く抱えながらも、既にCBPへのImporterのFiling件数は暫定規則の開始以来で100万件を越えており、現在も1日1万件がFilingされている。輸出側日本でもISFへの正しい理解と米国側との協力の必要性が講師陣から述べられた。
(文責:弊社編集部) 

back-to-top



5/12/2009


American Shipper

ISF Benchmark Study:
From Concept To Compliance

American Shipper, BPE and the International Compliance Professionals Association (ICPA) designed this research initiative to understand the state of Importer Security Filing (ISF) compliance, the impact this rule has (and will have) on the supply chain, the challenges that companies are facing in their attempts to comply with the ISF Interim Final Rule and the best practices importers can leverage to comply with and ideally benefit from ISF compliance. (From ExecSummary - The Basics)

この報告書は、American Shipper誌とBPE、ICPAによりISF規則がサプライチェーンに与える影響や業界が必要となる対応等につき、2009年3月26日〜4月10日に米国輸入事業者、220社に対して行った調査結果である。

■主な内容: ISFの実施状況、輸入者の課題、費用問題、最適対応の道筋、の4項目

1) 実施に向けての準備-望ましい姿(Winner)
 ・ 期日までに準備: 83%が2010年1月26日に間に合うべく用意
 ・ 費用: Filing1件当りで$50以下の支払いを想定している
 ・ Accuracy, Complete, Timely: 比較的高い自信が示された
 ・ サービス契約: 既存契約をISF対応にするとし、36%は既に実施

2) 実施状況 2009年4月10日現在
 ・ 100%実施済: 28%、0%実施(未実施): 19%
 ・ Timely, Complete, Accurate: 37%
 ・ 事業規模: 中小では内容には自信があるが、期日厳守は疑問視
   他方、 大企業では期日厳守はするが内容には問題ありとする
 ・ 期日厳守: 83%が規定期間で対応できるとしている
 ・ Filing費用: 平均は$30。その内半分は$25以下を想定、8%はゼロ。
   3PL、Forwarderなど中間業者の50%では$25-$100
 ・ 事業規模を問わず、大半の事業者は100%には間に合わないという。
   但し罰金が高額のため完全遵守にはまだ時間が必要とする

■調査対象について:

1) 業種: 
   製造加工 34%、素材7%、小売・卸・流通34%、物流25%
   (物流には、3PL/Forwarder/NVOCC/Intermediaryを含む)
2) 規模(年間売上):
   1億ドル以下−40%、1億ドル〜10億ドル−26%、10億ドル以上−33%
3) B/L件数(年間)
  1-500件−33%、501-5000件−49%、5000件以上−18%

 (要旨:弊社編集部) 

back-to-top





サービス詳細については、(株)オーシャンコマース にお問い合わせ下さい
中川 email:
nakagawak@ocean-commerce.co.jp 


参考資料(弊社作成資料など)

 
 

4/19/2010

JIFFA 情報委員会報告

JIFFA情報委員会にて米国CBPの「ISF(10+2)規則」の完全施行(2010年1月26日)に伴う「AMS-24時間規則」への影響をテーマに説明を行いました。
 

 

9/29/2009

JIFFA NEWS 第162 (2009.9)

表題:『ISF(10+2) Progress Report−現地米国からの情報に知る現況、NVOCC事業への影響−船社経由でAMS Filingをする事業者の課題』
--> 資料はニュース欄で入手できます。
 

 

6/3/2009

オーシャンコマース社
説明書


デカルト社日本代理店である同社が「ISF」を中心にして、AMS説明を含めてCBP関連のサービスをコンパクトに纏めた資料です。

 

 

5/29/2009

JIFFA NEWS 第160 (2009.5)
「10+2の実施状況」について 表題: Start Now, The Sooner The Better
--> 資料はニュース欄で入手できます。
 

 

4/14/2009

JIFFAセミナー講演 (大阪)
「ISF(10+2)とフォワーダーの対応」について弊社が講師として概要を説明
--> 当日資料はニュース欄で入手できます。
 

 
4/6/2009
JIFFA NEWS 第159 (2009.3)
「ISF(10+2)とフォワーダーの対応」について弊社の投稿記事を掲載
--> 当日資料はニュース欄で入手できます。
 

 
12/19/2008
JIFFAセミナー講演 (東京)
米国CBPのAMS24時間ルールの現状と電子ファイリングの紹介
--> 当日資料はニュース欄で入手できます。
 
   
 

関係先リンク−AMS/ISFに関わるもの (順不同)

 
 
関係先・名称・サービスなど
内容
リンク先-クリックして下さい
     
米国 CBPサービスの説明    
General  
Trade - Cargo Security  cbp.gov
ABI  
輸入通関 Automatic Broker Interface ABI
AMS  
輸入申告 Automatic Manifest System Sea AMS
ISF  
Security Filing "10+2" ISF Index - All Issues
ISF  
Security Filing "10+2"  質問集 ISF FAQ
     
米国 CBPデータベース    
CAMIR  
Customs Automatic Manifest Interface Requirement AMS CAMIR
CATAIR  
ABI User Requirements ABI CATAIR
  Data Transaction Set 
Importer Security Filing (ISF-10, ISF-5) ISF CATAIR
     
米国 サービスプロバイダー    
  Customs Broker - ABI ABI Service Provider List
  Service Provider - AMS Data Processing Services SEA-AMS
     
米国 SaaSサービスプロバイダー    
Descartes Systems 
Customs Filing & Compliance Compliance
Descartes Systems 
Ocean AMS Import2000
Descartes Systems 
 Importer Security Filing Descartes ISF
     
米国 関連団体    
  米国輸出輸入者協会
The American Association of
Exporters and Importers
AAEI
  米国通関・フォワーダー事業者協会
the National Customs Brokers & Forwarders Association of America, Inc.
NCBFAA
     
国内 関連団体    
  日本インターナショナルフレイトフォワーダーズ協会 JIFFA
  日本機械輸出組合
     
弊社−提携先    
デカルトシステムズ社 
 
オーシャンコマース社 
 
   

back-to-top


  

 



(関係情報へのリンク)

オーシャンコマース社
- - - - - - - - - -

Cargo Security
- - - - - - - - - -

Import2000
- - - - - - - - - -

日本機械輸出組合
- - - - - - - - - -

 



Last Update 12/08/03